【凍結胚移植】クライオテック法を無償で試せる!『Challenge100』ってなに?【リプロライフ】|リプロチャンネル【Official Video】

【凍結胚移植】クライオテック法を無償で試せる!『Challenge100』ってなに?【リプロライフ】

関連動画はこちら >>

今回は、リプロライフが行っている『Challenge100』というプロジェクトについてご紹介します。


Challenge100はリプロライフの専任インストラクターがクライオテック法の実技トレーニングとワークショップを実施、トレーニングを受けた培養士が、リプロライフ製品を使用して、卵子または胚(全ステージ対象)の凍結周期にて世界100施設・連続する100融解周期・生存率100%達成を目指す取り組みです。


これは、凍結融解技術者を育成支援することで、凍結・融解技術の向上そして最良の生存率を確立し、凍結周期における最大限の治療効果を生むことを目的としています。


なんと、日本国内では11施設が参加し、11施設すべてが達成済み!
海外でも7か国12施設が参加し、3施設が継続中、9施設が達成済みです!

 

『Challenge100』の特徴とは

1.周期100症例分のキットを無償提供
2.成績向上のためのバックアップを実施
3.100周期の症例が終了後、トロフィーの贈呈と認定書を発行

1.周期100症例分のキットを無償提供

凍結胚移植、周期100症例分に必要なキットを無償で提供いたします。
皆様にはまず、凍結胚移植100周期において生存率100%を目標にしていただきます。


Challenge100の間、皆様の負担はゼロ。もし、チャレンジ中に現在よりも優位性が見いだせない場合は、遠慮なく採用を見送ってください。

 

2.成績向上のためのバックアップを実施

Challenge100は、ガラス化法の第一人者である桑山博士監修。


当社の培養士が成績向上のために、皆様をバックアップします。

3.100周期の症例が終了後、トロフィーの贈呈と認定書を発行

100周期の症例が終了後、凍結胚移植の成績優良施設として認定。トロフィーの贈呈と認定書の発行をさせていただきます。ホームページに露出したり、施設内に掲示することによって、施設ブランディング向上にお役立てください。


また、実際にChallenge100に参加した方の感想については、当動画チャンネルからご確認いただけます。ぜひ一度、ご覧ください。

最後に

まずは、Challenge100に参加し、製品力をお試しください。実際に試すことで、臨床使用時の優位性をご確認いただけます。


Challenge100に関するお問い合わせは、こちら。※また、動画内のQRコードからもご確認いただけます。
皆様のご参加をお待ちしております。
https://reprolife.jp/challenge100/#entry